プロフィール|德丸 史郎

 

德丸 史郎(所属:法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程)


 

研究活動の概要

①障害者雇用に積極的、前向きに取り組んでいる企業の活動内容等に関する調査・研究
②上記①の企業等で働いている障害者(身体・知的・精神)に関する調査・研究
上記①、②の成果については、所属学会において研究発表や論文投稿を行っている。また、所属研究室で発行・刊行している出版物・報告書等に執筆を行っている。

 

主な研究実績

①投稿論文等

  • 精神障害者の自我状態とソーシャルスキルに関する研究-障害者雇用に積極的に取り組む企業で働く従業員に焦点を当てて-(交流分析研究・2016年・桂学術奨励賞受賞).
  • 企業で働く精神障害者の機能的自我状態とソーシャルスキルの関係-2波のパネル調査による双方向の影響関係の検討-(交流分析研究・2017年)
  • 企業で働いている精神障害者の心理的特性と組織行動の関係についての研究(日本労務学会第47回全国大会研究報告論集・2017年)

②学会発表等

  • 企業で働く精神障害者のワーク・エンゲイジメントに関する調査研究報告(日本産業精神保健学会・2017年)
  • 企業で働いている精神障害者の心理的特性と組織行動の関係-2波のパネルデータによる因果関係の推定(実践経営学会関東支部会・2017年)
  • 企業で働く精神障害者の心理社会的特徴に関する研究-質問紙調査と実践経験からの考察―(人を大切にする経営学・2016年)

③出版物・報告書等(共著)

  • さらば価格競争-非価格競争に取り組む21社の実践(商業界・2016年)
  • 日本でいちばん社員のやる気が上がる会社-家族も喜ぶ福利厚生100(ちくま新書・2016年)